読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるのあした

涵之如海 養之如春

子どもの病気は結構焦る

こどもの救急
最近、子どもの病気で初めて夜間診療を使いました。ネットでも小児科や急患の負担が重い、という話はよく読むので、安易に急患とか、夜間診療を利用するのは躊躇していましたが、実際子どもの体調が悪くなると、結構冷静さを欠いてしまう。そして急患や夜間診療を使うべき症例かどうか、というのは素人ではよくわからん、ということで見つけたサイト。気になる症状と、それプラスどんな症状かチェックをつけていくと、朝まで待って医者に行くか、それとも夜間診療を利用すべきなのか、を判断する指針になります。


自分の子どもの場合は下痢がひどくて、その後夜半過ぎに38度5分の発熱、*1動揺しながらチェックをつけていったら「自家用車、タクシーで(夜でも)病院に行く」が出てきて、それで急患を利用しました。夜中、子どもを診ていただいた先生、看護師さんには感謝してもしきれません。とはいえこういうWebサイトを使っても、結局夜間診療を使うかどうか、最終判断は親がするので、やっぱり普段の子どもの体調とか機嫌、生活サイクルとか様子を見て、そこからどんな変化があっただろうか、という「差」をよく親である自分が見ていないと、と改めて思いました。

*1:子どもの病気は悪化が早い。治るのも早いけど。